磁気刺激療法であれば、薬を飲まなくてもうつ病を改善できる?

磁気刺激療法のメリットの1つは、投薬療法による薬の副作用から解放されることです。

副作用に悩まされている人にはおすすめできる療法です。

◇投薬に頼らなくても治せる新しい療法。

磁気刺激療法の良いところは、投薬治療と違って抗うつ剤などの薬を一切使用せずに改善できる点です。

したがって、質問にあるように「薬を飲まなくてもうつ病を改善できると聞いた」という噂に間違いはありません。

多少の個人差はあると思いますが、これまで薬を服用して効果がなかった患者でも、この磁気刺激療法をつづけることで著しい効果があったとする人はかなりの数にのぼります。

◇うつ病は薬の副作用との闘いでもある。

個人的な意見でしかありませんが、うつ病を発症して心療内科で薬を処方してもらっても、実際にその薬がどのように作用するかは患者によって異なります。

また抗うつ剤によって食欲不振が起こるため、それを解消する食欲増進剤が一緒に処方されます。

睡眠障害をなくすための睡眠導入剤ももらいます。

このようにいくつもの薬が処方されるため、副作用に悩まされても、どの薬が影響しているのかわからないまま過ごすのが実状です。

磁気刺激療法によって、そうした副作用から解放されるだけでも非常に大きなプラスです。

◇磁気刺激療法は薬づけ状態から解放されると同時に、短期間でのうつ病改善が見込めます。

一考の価値はある療法です。

薬の副作用の怖さはそれを体験した人でないとわかりませんが、精神疾患の多くは副作用との闘いといっても良いほどです。

投薬治療に効果を見出せない人であれば、磁気刺激療法に踏み切ってみるのも良いと考えます。

早い人なら2ヶ月の通院で改善効果があります。

※Pickup⇒http://news.livedoor.com/article/detail/11524073/

重いうつ病になる前に改善したいものですね。