磁気刺激療法はうつ病の改善以外に効果はあるの?

磁気刺激療法は投薬による副作用や電気ショック療法のダメージもない療法です。

医師によって見解が異なりますが、適応症についてお話ししてみます。

◇精神疾患の多くに可能性がある。

磁気刺激療法はアメリカの研究機関によって開発された療法で、日本に導入されてまだ5~6年しか経過していません。

当初はうつ病治療に効果があるとされましたが、最近では精神疾患の多くに可能性があるとの見方もあります。

しかし残念なことに日本に来て日が浅いことや厚生労働省の認可が下りていないこともあって、臨床データが不足しています。

PTSD(外傷後ストレス障害)も精神疾患の1つであり、クリニックによっては適応症の1つにあげています。

躁うつ病や強迫性障害なども治療可能としているクリニックがあるので、本人がカウンセリングや診療を受け確認するのがいちばんではないかと思われます。

◇副作用が少ないのでチャレンジする人も。

磁気刺激療法の最大のメリットは、脳への余計なダメージがないことと副作用が少ないことです。

多くの精神疾患は投薬療法頼みになるため、複数の薬の投与によって想定外の副作用に悩まされることになります。

実のところ、この副作用に耐えられず磁気刺激療法を希望する人も少なくありません。

乱暴な言い方を許していただければ、臨床データが少なくても医師が効くというのであればダメモトで試してみる価値はあります。

◇磁気刺激療法の適応症は、クリニックの医師によって見解が異なります。

しかし副作用が少ないことから、可能性があるならと受ける人も多くいます。

臨床データが少なく学会でテーマになることも少ないため、いまのところ医師の見解によって適応症が異なります。

PTSDは一応のところ適応症にはあがっているので試してみる価値はあります。